MENU

デオシークが効かないのはなんで?

デオシークは発売してあっという間に人気商品となった臭いケア商品なのですが、効果が凄い!といった声も沢山ある中効果がない、感じられないという声も聞こえてきました。デオシークをこれから使おうと思っている人には効かないというコメントはやはり気になりますよね。デオシークが効かないと言っている人たちのコメントを調査してみましたので参考にしてみてください。

 

汗をかいた状態で塗ってはダメ!

デオシークが効かないと言っている人のコメントを調査してみてまず多いのは、汗をかいて臭いがすると嫌なのでその場で塗ったけど効果が無かった。これはデオシークの使い方の根本的な理解が間違っていてデオシークは塗る前にその部分を清潔にする事が重要なのです。

 

なぜならばデオシークの働きは、パラフェノールスルホン酸亜鉛によって臭いの原因である汗のでる毛穴をブロックする事で汗自体を抑える働きがあるのです。よって汗をかいた状態で塗ったのでは原因撲滅の最大効果が発揮できず効果を感じられないという事になるのだと思われます。

 

デオシークの効果を高めるためには朝シャワー浴びてからクリームを塗る、日中塗る場合はその部分をウェットティシュなどでは拭き取って出来る限り清潔な状態にして塗るということが大事でそれを意識して行えば効果は必ず高まりますよ。

たっぷり継続して使わないとダメ!

デオシークが効かないと言っている人たちのコメントで次に多くみられたのが、臭いが気になった時だけ塗る、朝出かける前だけ塗ると言ったように塗る回数が少なすぎるというものが多く見られました。

 

デオシークの効果はパラフェノールスルホン酸亜鉛で汗を出ないようにして、もし出ても早い段階で臭いを発生する細菌を殺菌して臭いを発生させないようにするというサイクルで効果を高めています。

 

しかしその効果の持続時間は7?8時間なのでそれ以上たったら効果は薄れ臭いを発生する細菌は元気になってしまうのです。特に寝る前に塗っていないと寝ている間にあっという間に繁殖してしまうという事なのです。

 

理想は朝シャワーを浴びた後と夜の入浴後を含む1日に2?3回塗る事、そして1日起きとかではなくて毎日継続する事がポイントです。決して安い商品では無いのでちょっともったいないと感じることもありますが、ケチって使って効果が出なければもっともったいないのでたっぷり毎日継続して使いましょう。

ゴシゴシ洗うと逆効果!

デオシークは効果を高めるためには綺麗にしてから塗るべきなのですが、そこにも勘違いがあるようです。体を綺麗にするというと誰もがやってしまいがちなのがゴシゴシと洗ってしまうことなのです。ゴシゴシ洗うとどうなるかというと思ったより素肌は繊細なので刺激が強すぎてしまうと肌がダメージを受けてしまいます。

 

その結果、肌を守ろうとすることの体の働きの1つが汗を出す事なのです。要はゴシゴシ洗えば洗うほど汗かき体質になってしまうという逆の現象が起きてしまうのです。これではせっかく清潔にしようと思っても台無しですよね。

 

肌を洗う場合はボディーソープをしっかり泡だて、その泡で優しく包み込むように撫でてあげるだけでジュブナイルなのでデオシークの効果を高めるためにも十分注意しましょう。

 

正しく使えば必ずあなたの願いを叶えてくれるデオシークはクリーム、ボディーソープ、サプリメントの3点セットが公式サイトでお得です!

 

>>デオシークの最安値はこちら